トップページにもどる

このプロジェクトについて

このプロジェクトについて

ごあいさつ

こんにちは、このプロジェクトの立ち上げ人で、代表をしている酒井晃太(さかい こうた)といいます。
もともと発達障害を抱えていて、5年くらい前に二次障害も併発しました。
いろいろと調べているとき、「ヘルプマーク」の存在を知りましたが、その当時はまだ愛知県では普及していなかったので、「気遣ってくれてありがとうバッジ」や「席を譲るよバッジ」を作っていました。
(じつは、その時はとある方のリスペクトとしてやっていました)

そして「ヘルプマークのように、助けるよというメッセージはマークにするとわかりやすくてよいのでは」というご意見もいただき、サポートハートマークが生まれました。

サポートハートマークを考えた(作った?)のは私ということになっていますが、このマークは「困りごと」のある人と「助けたい」と思う人が、おたがいに誕生を願ったマークなのだと思います。
(だからこそ、サポートハートマーク以外にも「助けます」というマークがあるのだと思います)

私がこのプロジェクトを通してやっていきたいことは、
●サポートハートマークを広げていくこと
●「困りごと」について知ってもらい、理解を深めること
●自分の周りにいる当事者と協力して、それぞれの強みを生かしたお仕事をすること
です。
最初はひとりでやっていましたが、今は仲間がいます。
仲間も私も「困りごと」のある者同士ですので、体調に波があったりして思い通りに作業が進まないことも多いですが、無理せず歩いていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

団体の概要

団体名称

サポートハートプロジェクト運営チーム

所在地

愛知県知多郡美浜町

活動内容

「困りごと」のある方を支援する「サポートハートマーク」の普及啓発ならびにそれらに付随する活動

→最近の活動は「活動記録」に掲載しています。

運営チームメンバー

構成人数:5人
(大学生3人、社会人2人)

ご連絡先

事務所がなく、電話もありませんのでご連絡は基本的にメールまたは私書箱あての郵便でお受けしています。
こちらのお問い合わせフォームか、下記アドレスまでメールをお送りください。

※代表ならびにメンバーが所属する大学と、当プロジェクトの直接的なつながりはありません(大学からの支援・協賛・援助はありません)ので、各大学へのお問い合わせはご遠慮ください。

ご連絡先メールアドレス

info@support-heart.org
※メールアドレスをクリックすると、メーラーが起動します

メールを直接お送りになるときのお願い

●件名のないメールは届きませんので、件名(subject)を入れてお送りください。
●ご返答には1週間程度かかる場合があります。メンバーの体調によってはそれ以上にお時間をいただくこともあります。体調に波がある当事者のみで運営していますので、ご理解をおねがいします。
●お急ぎのお問い合わせは、郵便の方が早く回答できる場合が多いです。

お手紙のお送り先

〒470-3299
日本郵便株式会社 美浜郵便局
私書箱第17号
サポートハートプロジェクト運営チーム あて

お手紙について

●プロジェクトに対してのお手紙・荷物はすべて上記の宛先でお受けします。
●宅配便をお送りになるときは、ゆうパックでお願いします。
●郵便でお受けしたお問い合わせは郵便でお答えしますので、差出人さまのご住所・氏名を忘れずにご記入ください。